革靴のガラスコーティング

革靴のお手入れに新しいご提案!

革靴の表面に「ガラスコーティング」を塗布し、革の柔軟性や外観はそのままに様々な効果を付与します。

 

ガラスコーティング

 

ガラスコーティング「Hard Lass(ハドラス)」!

  • 日本で開発された高純度のガラスコーティング剤です。
    加工料金は有料となります。

緻密なガラス薄膜を形成

  • 塗布をすることで、成分が空気中の水分と反応し、0.2~0.8マイクロメートルのガラス薄膜を形成します。

    一般的な塗料の膜厚が10~100マイクロメートルなので、ガラスコーティングが形成する膜は非常に薄いことが分かります。
    超微粒子の成分が素材表面の隅々まで入り込み、目に見えないクラックまでしっかりとケアします。
    高純度のシリカ膜によって素材表面をあらゆるダメージから守ることが出来ます。

ガラスコーティング剤の塗布

コーティング剤の使用可能な素材

コーティング剤の使用可能な素材

その他のご注意

  • ガラスコーティング加工「前」に保湿クリームや防水スプレーなどを塗っている場合コーティング剤が弾かれるなど革表面にのらないか、のりにくくなります。そのため、施工しても効果が期待できません。
  • ガラスコーティング加工「後」に保湿クリームなどを塗った場合コーティングにより弾かれてしまうため保湿クリームなどの効果は期待できません。
  • 塗装処理の劣化などがある場合コーティング剤の主成分が革靴塗装処理を溶かす、侵してしまうことがあります。
    「艶」「光」が消えたり、撥水効果が付与できない可能性があります。

強力なガラスコーティングの魅力!

  • ガラスコーティングは、3つの特徴があります。

撥水効果/防カビ効果/耐摩耗効果

  • ●撥水効果:雨や汚れを防ぎます。

    ●防カビ効果:革をカビから守ります。

    ●耐摩耗効果:傷が付きやすい革を守ります。
  • 撥水効果!

◎一度加工することで1年~2年ほど効果が持続します。
※履かれる回数や環境によって持続期間が変わってきます。

◎撥水の試験では、シャワーを当ててどの程度撥水するか、また湿潤するかを確認しました。
 結果、撥水状態が2級から4級にアップしました。

◎防カビの試験では、サンプルにカビを塗り付け、4週間観察してカビの発育度合を確認しました。
 結果、コーティングすることで、10%~30%程度の発育でした。

◎耐摩耗の試験では、サンプルを研磨し、どれだけ摩耗したのかを重量減少で確認しました。
 結果、摩耗量が半分以下となりました。

通気性/透湿性

    • <通気性試験結果>
      一定の空気量(風)を通し、どの程度通気するのかを確認する試験も実施しました。
      結果、コーティングしても通気性を妨げないことが分かりました。

 

通気性試験

 

  • <透湿性試験結果>
    生地がどれだけ湿気(汗、水蒸気等)を通しやすいか確認する試験も実施しました。
    結果、コーティングしても透湿性を妨げないことが分かりました。

 

透湿性試験

加工料金一覧

革靴(男性用/女性用) 2,000円(税抜)
ブーツ ショート(15cm未満) 3,000円(税抜)
ブーツ ハーフ(15cm~20cm未満) 3,500円(税抜)
ブーツ ロング(20cm以上) 4,000円(税抜)

その他の種類やサイズについては要ご相談。