運営会社

各種情報をご紹介

企業情報

プライバシーマーク取得について

「ロイヤルネットワーク株式会社」は、JIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)の書類審査及び現地調査を経て、平成25年3月14日に「プライバシーマーク」を付与・認定されました。
プライバシーマーク制度とは、日本工業規格「JIS Q15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している企業を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、企業活動においてプライバシーマークの使用を認める制度です。
「ロイヤルネットワーク株式会社」は、クリーニングのサービスを提供するとともにお客様の個人情報を適切に管理することが社会的責務であると考えます。
今後も今まで以上にお客様からお預かりした個人情報の保護に十分配慮し、適切に管理・運用することによって広く社会からの信頼を獲得できる企業を目指していきたいと考えています。

プライバシーマーク取得

事業者名 ロイヤルネットワーク株式会社
所在地 998-0031 山形県酒田市浜田一町目7番20号
認証範囲 JIS Q15001-2006
認証番号 第10720006(03)号
初回取得日 2013年(平成25年)3月14日
使用許諾期間 2017年(平成29年)3月14日~2019年(平成31年)3月13日
審査登録機関 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
認定機関 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

日本SME格付け 「aa」取得について

株式会社ロイヤルネットワーク茨城は、スタンダード&プアーズ社(S&P)と日本リスク・データ・バンク株式会社(RDB)が共同開発した中小企業格付け「日本SME格付け」の「aa」を取得いたしました。(2010年1月決算)
東北地域では、ロイヤルネットワーク株式会社が2008年1月期に「aa」の評価を受けましたので、これで全社全地域において高評価を受けたことになります。

日本SME格付け 「aa」取得について

SME格付けとは?

日本国内の非上場の中堅・中小事業会社(売上高10億円~100億円)を対象にした「債務の履行能力」に関する格付けです。 

日本SME格付けの定義

アルファベット7段階からなる格付け記号(aaa~ccc)を用いて、企業からの依頼に基づき、各種信用情報、企業情報を統合して、企業の信用格付けを付与します。

SME格付
aaa 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力は極めて高い。スタンダード&プアーズが付与する日本SEM格付けの中で最上位の格付け。
aa 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力は非常に高く、最上位との格付け(aaa)との差は小さい。
a 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力は高いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化からやや影響を受けやすい。
bbb 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力がやや脆弱である。事業環境や経済状況の悪化によって債務履行能力が低下する可能性がより高い。
bb 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力がやや脆弱である。事業環境、財務状況、または経済状況の悪化に対して大きな不確実性、脆弱性を有しており、状況によっては債務を期日通りに履行する能力が不十分となる可能性がある。
b 日本の中小企業間の比較において、債務を履行する能力がやや脆弱である。事業環境、財務状況、または経済状況が悪化した場合には、債務を履行する能力や意思が損なわれやすい。
ccc 日本の中小企業間の比較において、現時点で脆弱であり、その債務の履行は、良好な事業環境、財務状況、及び経済状況に依存している。事業環境、財務状況、または経済状況が悪化した場合には、債務を履行できない可能性が高い。